グリーンカードオフィストップ > アメリカ抽選永住権とは > 現在のアメリカ抽選永住権

現在のアメリカ抽選永住権

抽選によって永住権を取得できるのがDV-プログラムです。申請資格を多く問われず、出生地により応募資格が得られるなど、無条件に近い申請条件と、新天地としてのアメリカの魅力により、永住権希望者は爆発的に増加しました。

年々伸びる抽選永住権の申請者

過去の申請者数は600万通程度でしたが、「DV-2000」には1,000万人の大台を突破して 以来、永住権の申請数は増加の一途をたどっています。

日本人の申請状況

日本は、DVプログラムの申請可能国です。DV-プログラムの申請可能国の資格を毎年連続で得ています。 日本人のアメリカ抽選永住権への申請者数は、毎年、約8万人〜13万人といわれ、多くの日本人の永住権希望者がDV-プログラムに申請しています。 グリーンカードオフィスからこれまで申請しました過去13年間のお申込者の男女比は、男性4に対して女性6であり年齢層としては30代から40代が最も多くお申込みをいただいた年齢層となっています。

日本人の当選確率について

グリーンカードオフィスが申請した過去20年間のデータでは、毎年の抽選永住権の当選確率は、60〜120人に1人とたいへん 高い確率を得ております。こちらの当選者数、及び当選確率は毎年変動します。また、ご夫婦での2口お申込みで当選確率は2倍になります。

アメリカ抽選永住権とは

プログラム 日本人
当選者総数
当選実績
DV-2017 204人 27名様
DV-2016 302人 33名様
DV-2015 636人 52名様
DV-2014 861人 79名様
DV-2013 440人 47名様
DV-2012 435人 46名様
DV-2011 299人 47名様
DV-2010 302人 48名様
DV-2009 320人 41名様
DV-2008 382人 42名様
DV-2007 333人 38名様
DV-2006 336人 33名様
DV-2005 373人 37名様
DV-2004 1,291人 32名様
DV-2003 890人 27名様
DV-2002 637人 28名様
DV-2001 408人 21名様
DV-2000 336人 27名様
DV-99 373人 22名様
DV-98 382人 18名様
DV-97 373人 7名様
DV-96 323人 4名様
合計 10,236人 756名様