グリーンカードオフィストップ > よくあるご質問 > 永住権について

永住権について

永住権とは?

ビザがアメリカ国内の滞在期間や行動に制限付きなのに対して、永住権では更新手続きをすれば永久的にアメリカ国内に住むことができます。 また、アメリカ国内においての就労も認められており就労ビザがいらなくなります。

グリーンカードってなんですか?

グリーンカードとは、永住権の通称のことで、かつてカード表面が緑色していた為そのように呼ばれております。現在はピンク色に変わりましたが、 今でもその通称が残っています。正式名称はAlien Registraiton Card(外国人登録証)と言います。

当選した場合、日本の国籍はなくなるのですか?

日本国籍のままです。市民権を取得すると日本国籍からアメリカ国籍に変わります。 もちろん、市民権を必要としなければ日本国籍で特に問題はありません。

永住権と市民権はどう違うのですか?

永住権は、市民権と違い、国籍は日本のままです。また、選挙権・被選挙権がありません。 しかし、違いはこれくらいで、日常生活で違いを感じることはほとんどありません。

永住権に更新はあるのですか?

基本的に10年間に一度、運転免許のように形式的な更新手続きが必要です。

抽選永住権以外永住権取得方法は他に何があるのですか?

仕事を通して雇用主にスポンサーなってもらう方法として以下の5種類に大別されます。もしくは、結婚をして永住権を取得する方法です。 これらは、大変厳しい条件、基準があり永住権の取得は困難なものとなっておりこれらの条件をもとに申請しても何年の間審査結果を 待つことになり中には10年以上待つことになる場合も少なくありません。これらの申請していても何年も待つため多くの方々が抽選永住権にも 挑戦しているのが実状です。

1.多国籍企業の役員、管理職、高名な教授、研究者、ある専門分野において特別な才能を持っている外国人

2.修士以上の学位を持つ専門職(弁護士、医師、会計士など)ビジネス、芸術、ハイテク分野などで優れている外国人

3.二年以上の経験を有する熟練労働者、システムエンジニア、レストランマネージャー、専門的シェフ、経営、コンサルタント等、学士以上の学位を持っている専門職会計士、経済学者、建築士、デザイナー、グラフィックデザイナー等、その他非熟練労働者二年未満の経験で出来る職種であるが適任者がアメリカでいない場合の日本食コックなど

4.宗教関係

5.投資移民


結婚相手のどちらかがアメリカ国籍または、永住権保持者の場合、永住権申請をすると2年間の条件付きの永住権が発給されます。 この条件付き永住権は偽装結婚を防止する為、幾度か面接を受け偽装結婚ではないことを証明しなければなりません。通常、 結婚相手のどちらかが永住権保持者で永住権申請する場合は、発給されるまでに約4年近くかかるので、例外を除いて4年以上は 結婚していない無効となってしまいます。

プログラム 日本人
当選者総数
当選実績
DV-2017 204人 27名様
DV-2016 302人 33名様
DV-2015 636人 52名様
DV-2014 861人 79名様
DV-2013 440人 47名様
DV-2012 435人 46名様
DV-2011 299人 47名様
DV-2010 302人 48名様
DV-2009 320人 41名様
DV-2008 382人 42名様
DV-2007 333人 38名様
DV-2006 336人 33名様
DV-2005 373人 37名様
DV-2004 1,291人 32名様
DV-2003 890人 27名様
DV-2002 637人 28名様
DV-2001 408人 21名様
DV-2000 336人 27名様
DV-99 373人 22名様
DV-98 382人 18名様
DV-97 373人 7名様
DV-96 323人 4名様
合計 10,236人 756名様