グリーンカードオフィストップ > よくあるご質問 > 当選後について

当選後について

当選後、永住権はいつ受け取るのですか?

当選後、日本の米国大使館で面接を行った結果により、入国から2ヶ月後〜3ヶ月後にアメリカの住所に配送されます。

当選者の配偶者、子供はどうなりますか?

申請者の当選が決まれば、配偶者、子供(21歳未満の未婚者に限る)に永住権が取得許が基本的に自動的に認められます。

永住権当選後に子供が生まれた場合、子供にも永住権はもらえるのですか?

永住権は取得できます。ただし、その子供が日本で生まれたか、アメリカで生まれたかにより状況は変わって来ます。日本で生まれた場合は、 現段階で存在していない人間に対して申請できないので、生まれた後に申請を行います。この場合、両親が永住権を持っているので、 確実に子供は永住権を取得できます。アメリカで生まれた場合は、アメリカの法律上、両親がたとえ旅行でアメリカを訪問中であったとしても アメリカ国籍を持った市民となります。また日本の法律ではその両親の国籍に従って子供の国籍が決まる為、日本国籍となります。従って 子供の国籍はアメリカと日本の両国籍を持つことになります。ただし、日本の法律上、20歳を超えて 2年以内に二重国籍を持っている者はどちらかを選択しなければならない為、22歳までに国籍を日本かアメリカに決めなければなりません。

永住権を取得後、アメリカにずっといないといけないのですか?

その必要はございません。長期的に留守する場合、出国前に再入国許可証を申請しておけば問題ございません。

在日米国大使館においての面接は難しいですか?

いいえ、基本的な質問であり、英語力は問われません。面接で問われるのは、犯罪歴や健康状態などです。

永住権を取得後、日本の年金はどうなるのですか?

日本では、20歳以上60歳未満の国民に対して国民年金か厚生年金のいずれかに加入しなければなりません。 また年金を受給する為には25年以上年金を掛け続けなければなりませんが、海外で在住する場合はその期間を休止することが出来ます。 また、その休止期間も25年の期間に含めることもできます。ただし、受給する額は少なくなります。 もちろん海外で在住しながら休止せず掛け続けることもできます。従って、海外で在住する場合は休止するかそのまま日本の年金を 掛け続けるかの二つの選択肢があります。

アメリカにも年金制度はあるのでしょうか?

アメリカにはソーシャル・セキュリティーという社会保険制度があります。この保険制度はビザや国籍に関係なく、 通常10年間働けばその平均収入に応じた額が65歳から支給されます。また、受給者はアメリカにいなくても受け取ることは出来ます。

プログラム 日本人
当選者総数
当選実績
DV-2017 204人 27名様
DV-2016 302人 33名様
DV-2015 636人 52名様
DV-2014 861人 79名様
DV-2013 440人 47名様
DV-2012 435人 46名様
DV-2011 299人 47名様
DV-2010 302人 48名様
DV-2009 320人 41名様
DV-2008 382人 42名様
DV-2007 333人 38名様
DV-2006 336人 33名様
DV-2005 373人 37名様
DV-2004 1,291人 32名様
DV-2003 890人 27名様
DV-2002 637人 28名様
DV-2001 408人 21名様
DV-2000 336人 27名様
DV-99 373人 22名様
DV-98 382人 18名様
DV-97 373人 7名様
DV-96 323人 4名様
合計 10,236人 756名様