グリーンカードオフィストップ > グリーンカードについて > アメリカで就職

アメリカで就職

グローバルなステージで自分の実力を試したい。最近、アメリカでのご就職を希望される方が増加しています。 就業に必要なビザとして最も一般的なビザはワーキングビザ(H-1bビザ)ですが、グリーンカードは、あなたにあらゆる就労ビザよりも快適な労働環境を与えてくれることでしょう。


各種就労ビザの問題点

海外で働くためには就労ビザが必要ですが、就労ビザは就業内容や期間に制限があり、その会社を辞めると権利は消失します。また就労ビザは企業側が申請を行うために、雇用主が絶対的な権力を持つ環境で働かざるを得ないという声が数多く聞かれます。 また、アメリカの会社は、アメリカ移民局へ就労ビザの申請が必要な外国人より、有能で雇用の簡単な永住権取得者を雇用しやすい傾向があります。 アメリカでの就職時には、専門分野や就労期間に合わせて必要となるビザが異なるため、退職や転職と同時にビザの取得の問題が発生する可能性があります

グリーンカードで就職

グリーンカードの取得者は、あらゆる就労ビザの制限を越えて、アメリカでのご就職を可能にします。 雇用主から与えられる就労ビザと違い、自らの意思と希望で理想のご就職にチャレンジしていただくことが可能です。 転職はもちろん、実績の有無でアメリカへの入国に制限を受けることも滞在期間を制限されることもありません。自らの可能性を最大限に発揮するためにはグリーンカードの取得は必須といっても過言ではないでしょう。

プログラム 日本人
当選者総数
当選実績
DV-2017 204人 27名様
DV-2016 302人 33名様
DV-2015 636人 52名様
DV-2014 861人 79名様
DV-2013 440人 47名様
DV-2012 435人 46名様
DV-2011 299人 47名様
DV-2010 302人 48名様
DV-2009 320人 41名様
DV-2008 382人 42名様
DV-2007 333人 38名様
DV-2006 336人 33名様
DV-2005 373人 37名様
DV-2004 1,291人 32名様
DV-2003 890人 27名様
DV-2002 637人 28名様
DV-2001 408人 21名様
DV-2000 336人 27名様
DV-99 373人 22名様
DV-98 382人 18名様
DV-97 373人 7名様
DV-96 323人 4名様
合計 10,236人 756名様