グリーンカードオフィストップ > グリーンカードについて > アメリカ起業、ビジネス

アメリカ起業、ビジネス

アメリカは「実力主義」が実現する世界最大のビジネス大国です。自らのアイディアやビジネスセンスに自信を持つ方が、世界中からアメリカを目指しています。 グリーンカードの取得は、駐在員・投資家ビザ(Eビザ)などによる制限されたビジネス活動の枠を超え、自由な発想で事業計画を可能とします。


駐在員・投資家ビザ(Eビザ)の特徴の問題点

グリーンカードに一番近いとされているのが、駐在員・投資家ビザ(Eビザ)です。これは日本企業のアメリカ支社に派遣される社長や重役クラスを対象したビザです。 Eビザには、さらに投資家ビザ(E-2)というビザがあり、こちらはアメリカで自分の会社や店を持ちたいという起業家向けのビザとなっています。 E-2ビザには、取得の際に起業に見合うだけの投資が必要となったり、実際に起業した会社や店舗でアメリカ人を雇用することなどの条件があります。

グリーンカードで会社設立、法人設立、起業する

グリーンカードは、中小企業や個人では難しいアメリカでの会社設立、法人設立、起業への制限を打破する可能性を秘めています。 グリーンカードがあれば、現状の資産や財産よりもアイディアやビジネスプランを重視した会社設立、法人設立、起業が可能と言えるでしょう。当然、滞在期間に制限はなく、雇用に関してもビジネスに最適なスタッフを揃える試みが可能なため、ビジネスチャンスを逃すことなく、事業の成功を目指すことが可能です。

グリーンカードついて

プログラム 日本人
当選者総数
当選実績
DV-2017 204人 27名様
DV-2016 302人 33名様
DV-2015 636人 52名様
DV-2014 861人 79名様
DV-2013 440人 47名様
DV-2012 435人 46名様
DV-2011 299人 47名様
DV-2010 302人 48名様
DV-2009 320人 41名様
DV-2008 382人 42名様
DV-2007 333人 38名様
DV-2006 336人 33名様
DV-2005 373人 37名様
DV-2004 1,291人 32名様
DV-2003 890人 27名様
DV-2002 637人 28名様
DV-2001 408人 21名様
DV-2000 336人 27名様
DV-99 373人 22名様
DV-98 382人 18名様
DV-97 373人 7名様
DV-96 323人 4名様
合計 10,236人 756名様